忍者ブログ
HOME > > [PR] > ひとり言 > ラウンジ Admin NewEntry Comment RSS  
独断と偏見に満ち足りた由無しごとを謹んで放言いたしておりましたが、現在は移転してしまい、ゆるーく管理しているだけで更新はしてません。 移転先は HABU's BLoG http://chimayoi510.blogspot.com Blog"TIBET ROOM" http://tibetroom.blogspot.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    父が入院している病棟は外科と皮膚科だけど、ラウンジや廊下で見かける患者さんは殆ど外科手術というだけで病気そのものは内科じゃないの?みたいな感じである。また同じフロアーのもう一方の半分が(産?)婦人科と小児科なので、そちら関係の患者や見舞い人たちもフロアーのラウンジを利用している。
    先日、オヤジの手術が無事すんだものの麻酔の抜けが悪くて付き添いを求められ、泊まりに備えて簡単な腹ごしらえをしにラウンジへ向かった。
    若いカップル(女性はパジャマ姿)がテーブルで話し込んでいる。漢字の意味だとか聞こえてくる言葉から生まれた赤ちゃんの名前を話し合っているのだろうと、二人を眺めるでなく眺めながらパンを頬張っていると、そこにツカツカツカとやって来た女性は、50代といったところかな? でも足早にすぐ視界から外れ、ややあって女性の声が背後から聞こえてきた。
「手術は無事に終わったんやけど、おとうさん、ホンマにもうアカンみたい」
    その涙声は若いカップルには届いていない。幸せな話し声も女には届かない。
    もう一個チョコパンがあったんだけど、なんか食べる気がしなくなって病室に戻った。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
二人のはぶさん
おはようございます。
優しいはぶさんと強いはぶさんの二人を見て
安心してます。
馬とモンゴル URL 2008/12/04(Thu)04:21:52 編集
Re:二人のはぶさん
優しいのか強いのか冷酷なのか無頓着なのか自分でも判らないくらい
病院ってところは極端なところだなあと
改めて思いました。
【2008/12/04 10:17】
2
無題
私もそう思います。
自分で精神のどこかの回線を切っておかないと
精神的にもたないです。
タフなのか鈍いのか、私も自分がわかりません。

ただ、患者本人より周囲の方がきついことがあるので
はぶさんもしんどいときは箒に乗るといいですw
りー URL 2008/12/04(Thu)19:21:55 編集
Re:無題
去年のオヤジとお袋の波状攻撃と仕事のストレスの大津波に比べれば何てことありませんが、優しい言葉はやはり身に染みます。冗談抜きで今リーさん思いっきり抱きしめたい。ありがとうございます。
ただ、今ほうきに乗ると風邪ひきそうなんで遠慮しときますが、りーさんが風よけになってくれるんなら喜んで。
【2008/12/04 22:34】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1783]  [1782]  [1781]  [1780]  [1779]  [1778]  [1777]  [1776]  [1775]  [1774]  [1773
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新CM
(05/19)
(02/06)
(02/02)
(01/12)
(01/11)
バーコード
リング
血迷い510 ラウンジ Produced by はぶ Ninja
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com